妊娠検査薬で妊娠がわかる仕組み

妊娠検査薬の画像妊娠しているかどうか、早期に知ることでお酒やタバコなどの嗜好品の摂取を避けたり、早くから健康意識を高められます。

市販の妊娠検査薬の精度は99パーセントと言われているほど信憑性が高く、ドラッグストアや通販などで手軽に購入できるので「もしかして?」と思ったら早めに使用しておきたいですね。

 

しかし、基本的にどの妊娠検査薬も大きな違いはないものの、やはり商品によって特徴が違います。

なにを基準に妊娠検査薬を選ぶか?価格や使いやすさなど人によって違うと思いますが、多くの方が「なるべく感度が良い妊娠検査薬が良い」と思っているはずです。

感度が良ければそれだけ早く妊娠の有無を確認できるということなので、どうせ買うならなるべく感度が良い妊娠検査薬を選びたいのは当然でしょう。

 

ここでは、主に妊娠検査薬と感度に関する内容をまとめています。

 

妊娠検査薬によって判定結果は違う?

考える女子他のページで妊娠検査薬の精度についてお話しましたが、こちらでも簡単におさらいします。

市販の妊娠検査薬は尿中のhCGと呼ばれるホルモンに反応する仕組みとなっており、正しく使用すればどれも99パーセントで陽性を感知できます。

日本の妊娠検査薬は尿中のhCGが分泌されているかどうかで妊娠を判断します。このホルモンは妊娠している女性にしか分泌されず、妊娠2~3ヶ月でピークを迎えます。

また、いずれも精度はだいたい同じなので、どのメーカーのどの妊娠検査薬を使用しても判定結果が変わることはありません。

 

ドラッグストアや薬局で販売されているような一般的な妊娠検査薬では、hCGが50iu/l(50mlu)に達すると陽性反応が感知される仕組みとなっています。

そのため、妊娠が成立して尿中にhCGが50iu/l以上含まれていれば妊娠検査薬の反応が陽性、50iu/l以下であれば陰性になります。

とはいっても、hCGの値が50iu/lに達していなくても少量のhCGが含まれていれば妊娠検査薬が反応するケースがあり、多少のフライングであれば陽性反応が確認できます。

ただ、この場合にはラインが通常より薄く出ますので、再度検査で確認する必要があります。

 

妊娠検査薬によって判定結果が違った!これってどういうことなの?

結果に驚く女性市販の妊娠検査薬はどれも、hCGの検出感度は50iu/l(50mlu)となっています。

ですが、使用するメーカーによって陽性と陰性で結果が違う、判定ラインの色の濃さが違うなどの違いが出ることもあります。

 

メーカーによって判定結果が違う原因は、使用タイミングが大きく関係していると考えられます。

通常の妊娠検査薬というのは、妊娠直後に使用しても陽性反応は現れません。

妊娠後徐々にhCGが分泌されていきますが、確実にhCGが確認できるのは妊娠4週後以降です。

そのため、妊娠4週未満の場合には使用しても正確な判定結果が出ずに薄いラインが出たり陰性反応になったりします。

 

もしも、メーカーによって判定結果が違った、判定ラインが薄いままだったという場合には数日空けてから再度検査をしてみましょう。

そうすれば、くっきりと陽性の判定ラインが出る可能性があります。

 

もっと早く結果が知りたい!感度の良い妊娠検査薬はある?

妊娠検査薬の画像妊活中の女性は1日でも早く妊娠したい!妊娠の有無を確認したい!という気持ちでいっぱいですが、妊娠が確認できるhCGの分泌量が50iu/l(50mlu)に達するのは妊娠4週以降

妊娠検査薬を使用できるのは早くても生理開始予定日1週間以降になりますので、気持ちが先走ってフライング検査したとし ても正確な判定結果は出ません。

 

しかし、どうしても早く妊娠を確認したいといった場合には早期妊娠検査薬を使用するという手段もあります。

早期妊娠検査薬というのは、名前の通り早期に判定がわかる妊娠検査薬です。

通常の妊娠検査薬はhCG が50iu/lに達しなければ陽性反応が出ませんが、早期妊娠検査薬は25iu/lでも感知できる検査薬となっていますので、より早く妊娠の有無を確認できます。

早期妊娠検査薬の場合には生理開始予定日から判定が可能なので、通常よりも1週間早く妊娠がわかることになります。

 

早期妊娠検査薬の精度も通常の妊娠検査薬と同じように精度は高いですが、hCG が分泌されるスピードは人によって違うので、判定結果があくまで参考程度にしておきましょう。

そして、確実に陽性反応を確認できる生理開始日1週間後に再度妊娠検査薬を使用しましょう。

 

海外の早期妊娠検査薬はもっと早く判定できる!?

日本国内で販売されている妊娠検査薬は、通常生理開始予定日の1週間後から使用可能となります。

ですが、海外の妊娠検査薬は日本よりも感度が良く、生理開始予定日の当日から使用できるものが一般的です。また、中には生理開始予定日の6日前から使用できる妊娠検査薬もあります。

生理開始予定日6日前の妊娠検査薬も体内のhCGホルモンの分泌を調べますが、その値は10iu/lとなっていますので、かなり感度が良いことが分かります。

 

日本製と海外製をわかりやすく比較してみると、

 

日本製

通常妊娠検査薬:hCG50iu/l(50mlu) 使用可能時期:生理開始予定日7日後

早期妊娠検査薬:hCG25iu/l(25mlu) 使用可能時期:生理開始予定日当日

 

海外製

通常妊娠検査薬:hCG25iu/l(25mlu) 使用可能時期:生理開始予定日当日

早期妊娠検査薬:hCG10iu/l(10mlu) 使用可能時期:生理開始予定日6日前

 

日本製と海外製ではこれだけ妊娠検査薬の感度が違いますが、どちらも判定結果の精度は高いですし、使用方法もほぼ変わりません。

ただし、日本で海外製の早期妊娠検査薬は販売されておらず、医薬品の個人輸入代行サイトでも取り扱いがないケースが多いので入手は困難かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました